「死」とは何か

っていうサブタイトルの哲学書を隙間時間に読んでいるんですが
なかなか先に進みません。

先日ある中学生の保護者の方と面談中に聞いたんですが、
今って中学校でも置き勉して良いんですね。
教科書など勉強道具を学校に置いて帰ってよいということです。

結構な衝撃でした。
自分らが子どものころは禁止でしたから。(辞書とかは置いて良いって感じでした)
理由は重過ぎるだとかなんとか。
そんなありましたっけ?
新年度始まって教科書を一気にもらったときは、
パンパンに膨らんだカバンを担いでぜえぜえ言わせて帰った記憶があります。
高校のころは置いて帰ったら焼却処分って言われてましたね。

これが良い悪いっていう話ではありませんが、
こういうのって、成績の差が広がる要因になると思います。

今の方がよっぽどゆとりあるじゃあないですか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です