動かざること、山の如し

公開日 2020/12/02

大学入学共通テストまで50日を切りました。
これから7回目の土曜日です。
1分1秒を大事にしましょう。
SNSやYouTubeは、もう見てませんよね?

受験勉強が大詰めを迎える12月
焦りや不安をおぼえる人もいるでしょう。
もう少しで受験勉強から解放されると喜ぶ人もいるかもしれません。
この時期、多くの受験生の感情が揺らぎます。
この時期だからこそ特に気をつけて欲しいことを書きます。

模試の点数を気にしない

模試がほぼ本番レベルになり、
思うように成績が伸びない生徒が出てきますが、
あまり気にしないように。
点数が伸びる人、変わらない人、落ちる人
いろいろいて当然です。
違うやり方、違う参考書、違う問題で勉強していれば当たり前ですよね。
逆にみんな上がった、なんてのは不自然です。
どんな結果であれ、それを受け入れ、
後の試験に活かすことを考えることが重要です。

また、
新しい参考書に手を出してしまったり、
今までやってきた勉強法を変えたりしてしまう人もいます。
そういうのを調べたりしていませんか。
これらは愚策でしかありません。
方法を模索する時期はすでに終わっています。

そうではなくて、
今まで演習を重ねてきた問題集などに立ち返り、
復習をし、着実に出来ることを増やしましょう。

自分のことに集中する

心が不安定なので、
必要以上に他人の成績や行動を気にしていまいがちになります。
ちょっとした話し声や物音に過敏になったり。
推薦入試ですでに合格が決まっている人の言動に嫌気がさしたり。
そのように感じるならば、
それは余裕がなくなっている証拠です。
一旦ペンを置き、深呼吸をして、
自分を含め、周りを客観視してみましょう。
そして落ち着いたら、
またペンを手に取ってください。

絞る

志望校を絞る。
勉強内容を絞る。

もう志望校を変えないでください。
もちろん学部も。
必要な科目の少ない学校、難易度の低い学校に変えるのはやめましょう。
そうするのなら、名前だけ書ければ入学できるところに行きますか。
入ることができれば良いわけではありませんよね。
自分が納得できるものを選びましょう。
点数が足りなかったら、それはそのとき考えたらよいのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です