クリスマスプレゼント

公開日 2021/12/29

今日は雑談のようなものを書きます。
一息ついた時にでもお読みください。

いろいろな生徒にサンタさんが来てくれたか聞いてみました。
欲しいものを買ってもらえた人もいれば、
現金をもらったという生徒も。
意外なことに、サンタさんがいると信じている生徒は1人もいませんでした。
とても悲しくなりました。

思い返せば、
私も小学6年生の時は、
担任の先生が「サンタさんはいると思いますか」
とクラス全員に聞いた時、
いると手を挙げたのは35人中ほんの数人でした。
当時はみんな良い子にしていないからサンタさんは来ないんだろうなどと本気で思っていました。

12月になると、もうすぐクリスマスだと胸を踊らせたものです。
スーパーにクリスマス仕様の商品やお正月準備のための食材などが並んできたり、周りの家や街中に電飾が灯ってきたらいよいよ年末が近づいてきたなと感じます。
直前になると我が家のクリスマスツリーを押し入れから取り出してきて飾り付けをし、サンタさんへ欲しいものを手紙に書いて窓際に置いておきます。
12月24日ほどワクワクする日はそうそうありませんでしたね。
夜になったらサンタさんが部屋に入って来れるように窓を少し開けておき、枕元はプレゼントが置ける場所を確保して床に就きます。

そういうことを思い出すと、
クラスの大多数の生徒はこんな経験をあまりしていなかったんだろうなと、
自分はすごく恵まれていたのだと感じます。
「本気」でクリスマスを演出してくれた両親には感謝しかないですね。
私が親という立場になったら、
その時のかけがえのない体験を、
同じようにさせてあげたいなと強く思います。
もうプレゼントをくれるサンタさんはいないことを知ってしまいましたが、
あの時のサンタさんが私の心から消えてしまうことは
一生涯ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です