授業形態

更新日 2020/12/17

授業中の様子

中学生

集団指導と個別指導を組み合わせます。
最大4人(今後の動向による)に同じ授業をすることもありますが、生徒に解いてもらう問題の難易度はその時の実力により異なります。
それに個別の指導を挟んでいくという形です。
教科や単元によって指導の形は変えます。例えば、学校で習う機会はないが学習する上で重要な要素(英語の発音記号など)は一斉指導します。

指導教科…国語・数学・英語・理社・作文(小論文)

高校生

小中学生に比べると個々人で必要な指導が多様ですが、基本的な授業形態は中学生と同じです。多くの生徒がつまずく単元(数Ⅰの2次関数のような)は一斉指導します。中学生より個別対応の割合が多くなるので最大同時指導人数は調整します。学校課題も対応可能です。

指導教科…数学・英語・物理・化学・小論文