チョコレートの話

どうでも良いと思いますがチョコレート好きなんですよね。
本当のところは毎日板チョコ1枚は食べたいのですがニキビができてしまうので控えています。
と、チョコ食べ過ぎでニキビできるっていう話はみなさん聞いたことがあるかもしれませんが、調べてみると必ずしもそういうわけではないようで、チョコレートとニキビの関連を否定している論文(英語読めるかたリンクどうぞ)もあります。だからと言って食べ過ぎても私は知りません。そもそもチョコレートというものの構成要素(ポリフェノールやココアバターなど)が多いので、どれが原因物質か解明されていないようです。

チョコレート菓子とは?

パッケージの裏に食品成分表がありますよね。名称に、「チョコレート菓子」とか「準チョコレート」とか書いてありますけれど、どんな違いがあるのかっていう話です。4種類あります。

・チョコレート
・準チョコレート
・チョコレート菓子
・準チョコレート菓子

まず、これらを構成するものに「チョコレート生地」「準チョコレート生地」があります。

チョコレート生地…カカオ分が35%以上、またはカカオ分が21%以上でカカオ分と乳固形分の合計が35%以上の生地
準チョコレート生地…カカオ分が15%以上、またはカカオ分が7%以上かつ乳固形分が12.5%以上の生地

このチョコレート生地が全重量の60%以上だと「チョコレート」、60%未満だと「チョコレート菓子」となり、同様に準チョコレート生地が全重量の60%以上だと「準チョコレート」、60%未満だと「準チョコレート菓子」になります。
同じチョコボールでも、チョコボールピーナッツは準チョコレート菓子ですが、チョコボールいちごは準チョコレート、チョコボールチョコバナナはチョコレートです。チョコがゲシュタルト崩壊してきました。

チョコレートについてもっと知りたい方は、日本チョコレート・ココア協会なるものを見つけたのでそちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です