入試直前にやるべきこと

公開日 2020/01/08

冬期講習が終わりました。
お疲れさまでした。
中には毎日7時間以上勉強した生徒もいました。よく頑張ったと思います。きっと結果はついてくるでしょう。

高校生のセンター試験、中学生の私立高校入試が近づいてきました。
毎年、直前(1週間前くらい)は何をすれば良いかを尋ねられるので先に答えておこうと思います。

①勉強してきたことを復習する

不安であるため、つい今までやったことのない問題集に手を出してしまう人がいます。
そのように、新しいことに手を出すのは危ないです。
無理に新しいことを身につけようとせずに、解いてきた問題を解きなおしたり、ノートを見直したりしましょう。
今までこんなことをやってきたな~という感じで。

②ただの勉強不足なら、理科社会の知識を詰め込みまくる

中には試験範囲を勉強しきれなさそう、という人もいると思います。
今更後悔しても仕方ありません。自分のせいです。
最後だけは、全力で足掻きましょう。
とにかくひたすら自分で小テストを繰り返してください。
これを試験までに覚えないと死んでしまう!!!
っていうくらいの勢いでやってくださいね。
そこでできないなら、一生できませんよ。

③よく食べ、よく寝る

本番が近づくと、精神的に不安定になることもあります。
ストレスを感じるんですね。
こういう時期だからこそ、体調管理がより重要になります。
いつもと違う時間に食べたり、睡眠を削って勉強することのないようにしましょう。
十分に寝るだけでストレスは軽減されます。
食べ物なら大豆製品や緑黄色野菜が良いそうです。
また、軽い運動もおすすめです。2,30分くらいのジョギングでも十分です。運動部だった生徒は、現役のころのノリで走ったりしないように。身体壊します。

以上です。
特別なことをする必要はありません。
試験前日・当日に関することは、また別の記事にしようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です